スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原付弄りPart2

そんなわけで早速プーリー側のドライブフェイスを外す工具を買いに
4000円近くしたけどまあ仕方ないと
それで早速オープンするとすごい光景が

HI3G0031.jpg
プーリーを外した瞬間出てくるゴムカス
ここまで溜まっているとはさすがに予想外だった


HI3G0030.jpg

そして更に予想外だったのは、WR破損
3個破損、3個潰れ
よくこの状態で走れたもんだなと正直思ったねぇ
そしてプレート抑えが片方折れている感じだったんだけど
抑え3個とも片方側がなかったんだよね
だからとりあえずそのまま装着
WRはこの間買っていた5.5g×3個と6.0g×3個を装着

組み上げて始動
おお!昔の状態に戻った感じが
回転にちゃんとベルトが食いついてる感がして速度も余裕
そして最高速がどれくらい出るか測定
メーター振りきり70km/持はいっているのを確認

その後悲劇が起きた
停止して、動き出そうとすると20kmくらいまでもたつくように
それを過ぎると普通に動くんだけどね
なんというかがくがくと振動が激しい感じで伸びも悪い

そんなわけで一度帰宅してもう一度分解

HI3G0032.jpg

WRに傷が!
しかも抑えの1つが完全に大破状態
一応装着はできるけど、すぐ外れそうな…
最高速にのった時にこの抑えが外れた状態になって折れたんだろうなぁ
しかしこんなにすぐWRに傷ができるとは…
こりゃプーリーも買い変えた方がいいな

再組み付けで20kmのもたつきは消えたけど、いつ再発するか分らないから
最高速はそうそう出せないな…
というか原付の法定速d(ry

走った感じとしては
WRはもうちょっと重くしていい感じだったから、5.5gと6.5gで
プーリーはどこのメーカーにしようかな…

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
個人的お勧め色々
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。